ディープチェンジHMB

眞子さまが訪れているブータンってどんな国!

海外他

眞子さまが訪れているブータンってどんな国!
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

ブータンを公式訪問中の眞子さまは、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王夫妻を表敬され、国王夫妻と昼食をともにされました。

宿泊先のホテルでの開幕式典では、国王が震災直後に100万ドルの義援金を日本に送ったことなどを踏まえ、「ブータンの皆さまから温かいご支援をいただきました」と謝意を伝えられたそうです。

ブータン

公用語:ゾンカ語
首 都:ティンプー
国 王:ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク
面 積:38,400km2
人 口:697,000人

【日本との関係】
1964年当時のブータンの農業の収穫は非常に少ないもので、状況を改善すべく、海外技術協力事業団(現・国際協力機構)は農業技術者として西岡京治を派遣。
彼はブータンの環境が日本の農業技術使用に適合している事を発見し、翌年の1965年には多くの収穫を得る事に成功。
その後もブータン農業の改善に尽くした事から西岡は1980年に国王から「ダショー(最高の人)」の称号を授与され、1992年に没するまでブータンで仕事を続けた。外国人としては初の国葬で葬られ、現在も「ブータン農業の父」として敬われている。

1989年2月24日、34歳のジグミ・シンゲ・ワンチュク国王が、昭和天皇の大喪の礼参列のため、民族衣装「ゴ」の礼服姿で数人の供を連れて来日、自国も1ヶ月間喪に服す。

2011年3月12日 東日本大震災の翌日に国王主催の「供養祭」が挙行され、18日には義援金100万ドルが、日本に贈られた。

出典 http://upload.wikimedia.org

ブータンはヒマラヤのシャングリラ(桃源郷)として知られる仏教王国。

20世紀後半まで鎖国に近い政策だったこともあり、地球上のほとんどの場所で失われてしまった手付かずの美しい自然と、自給自足に基盤を置いた伝統的な生活文化が残っています。

電気、乗用車、電話、テレビが一般に普及し始めたのは21世紀に入ってからのブータン王国は、恐らくこの世の中で近代化によって手つかずの数少ない地であるかもしれません。

親日国でもあるブータン、一度は訪れてみたい国です。

1日に必要な生野菜を30倍濃縮した酵素ドリンク
あの大人気「CUTE MEシリーズ」から贅沢成分を贅沢配合した酵素ドリンクです。
・ダイエット効率を上昇させる白金ナノコロイド
・64種類のオーガニック酵素
・高級食材ツバメの巣
14種類のフルーツを含む64種類の酵素を30倍濃縮した酵素ドリンクを飲むだけで、酵素不足が解消されます!
分包タイプで持ち運びにも便利。
今なら抽選で30名様に【ゆんころサイン入りポラ】プレゼント中♪
初回のみ、10包100円(税込)でお試しいただけます。

出典 http://px.a8.net

リバイタス
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

ピックアップ!

ピックアップ!

ディープチェンジHMB

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう