海上自衛隊、空母型護衛艦「かが」就役!

乗り物

海上自衛隊、空母型護衛艦「かが」就役!

海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が22日、就役しました。

「かが」は全長248メートル、「全通甲板」を持つヘリコプター搭載護衛艦。
哨戒ヘリは、5機が同時に離着艦でき、輸送ヘリや攻撃ヘリ、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイなども搭載可能です。

2015年に就役した「いずも」と同型の2隻目の「ヘリ空母」型となります。
海自によると、「かが」の建造費は約1200億円。

今回の就役で、海自のヘリ空母型護衛艦は、「かが」より51メートル短い2隻とあわせて計4隻になります。

かが (護衛艦) 概要

排水量 :19,500トン
全  長:248.0m
全  幅:38.0m
深  さ:23.5m
吃  水:7.1m
機  関:COGAG方式
主  機:IHILM2500IEC型ガスタービン 4基
推  進:2軸
出  力:112,000 馬力 (82 MW)
最大速力:30ノット
乗  員:520名(うち司令部要員50名)+長期宿泊可能者450名
搭載能力:貨油 3300kL3 1/2tトラック × 50台
兵  装:高性能20mm機関砲 CIWS× 2基
     SeaRAM 近SAMシステム× 2基
搭載機 :SH-60K哨戒ヘリコプター、MCH-101掃海・輸送ヘリコプターなど計14機

しじみにんにく

明るく元気の素メルマガ登録
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*

リバイタス
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録