⚡日産ノート e-POWER NISMOが急にバカ売れし始めた理由ご存知ですか!⚡

乗り物

⚡日産ノート e-POWER NISMOが急にバカ売れし始めた理由ご存知ですか!⚡

11月の新車乗用車販売台数ランキングで、日産自動車の「ノート」が前年同月比2.4倍の1万5784台を販売、初の1位を獲得。

今年に入ってから首位を守り続けていたトヨタ自動車の「プリウス」も同2.2倍の1万3333台と好調を維持。

ノートe-POWERのメカニズム

ノートe-POWERは、1.2L直列3気筒エンジンに電気モーターを組み合わせたシステム。
ただし、エンジンは走行には使用せず、発電機を回すためだけで前席下に収めたリチウムイオンバッテリーに貯蔵しこの電力で走る。
日本で販売される乗用車では初だそうですが、バスでは実用例があるらしい。

このエンジンを発電のみに使用するこの方式を、「シリーズ式ハイブリッド」と呼ぶのに対し、モーターを状況に応じて駆動力に使う「パラレル式ハイブリッド」と呼ぶ。プリウス、ホンダのフィットなどが採用しているのがこのパラレル式。

で燃費はどうなの?

ノートe-POWERの燃費は、JC08モード燃費が最高で37.2km/Lとプリウスの最高40.8km/Lには及ばない。
しかし、ハイブリッド車「アクア」の37km/Lや、ホンダ「フィットハイブリッド」の36.4km/Lを上回っている。

ノートe-POWERで37.2km/LをマークしているのはSグレードだけで、売れ筋Xグレードは34km/L。価格は177万2280円から。

バッテリーの容量は?大丈夫!

ノートe-POWERのバッテリー容量は1.5kWh、アクア0.936kWh、フィット0.86kWh
とライバル2台を上回っています。

ハイブリッド車よりバッテリー容量に余裕があるから、街中を流すぐらいのペースなら、ほとんどモーターだけで走れるそうです。

エンジンが発電してくれるから、リーフと違って充電の必要はなく、電気自動車に興味は持ちつつ、充電の面で諦めていた人たちにとっては願ってもないクルマといえるのが販売好調の理由かも。

注目は今後販売される「シリーズ式ハイブリッド」車

ノートe-POWERは、プリウスやアクアと違って、マニュアル車のようなフィーリングも体感できるそうです。

エコカーはドライバーの気持ちとクルマの走りがリンクしていないのでつまらないと感じた人は多いのでは。

e-POWERは、他のハイブリッド車と比べてシンプルで、バッテリーを搭載する空間さえあれば他の車種への展開はそう難しくありません。
そこで、来年は、走りを楽しみながら燃費も重視したいユーザー向けに、同方式のベストセラーカー誕生が期待されます。



⚡ 命のバトンを継承するプロジェクトが遂に始動! ⚡
↓  ↓  ↓

❗ Dreamersプロジェクト ❗ 



⚡  SIMフリー&格安スマホ個人取扱事業のご案内! ⚡
↓  ↓  ↓

毎月の通信費を節約し、継続的安定収入を獲得したい方へ!



⚡  インスタグラムを使った集客方法教えます! ⚡
↓  ↓  ↓

人気インスタグラマーの作り方



リバイタス
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!