屋久島の魅力発見

屋久島の魅力発見

ウィルソン株


1586年、豊臣秀吉の命令により大坂城築城の為に切られたといわれる胸高周囲13.8mの切り株。
縄文杉発見(1966年)の52年前の調査で、アメリカの植物学者アーネスト・ヘンリー・ウィルソン (Ernest Henry Wilson) 博士により調査され、この株の名前の由来となった。
株の中には清水が湧き出ており、内部に祠がある。

平内海中温泉

干潮の前後2時間しか入れない海中温泉(天然の露天温泉)です。
泉質は単純硫黄泉、混浴で更衣室はありません。

千尋の滝

千尋の滝は落差約60メートルあり、滝の左側には250メートル×350メートルに達する、巨大な花崗岩の一枚岩があります。

サバすき(しゃぶしゃぶ)

屋久島のお魚はトビウオが有名ですが、『首折れサバ』を忘れちゃいけません。
漁獲後すぐに首を折って血を抜き鮮度を保つことから、こう呼ばれるようになりました。脂身が少なく、身が締まっていて弾力があることが特徴です。
これをしゃぶしゃぶで頂くのですが、島焼酎『三岳』と相性がよく、たまりません。

リバイタス
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう