福岡市に「IoTホステル」がオープンしました!

施設・店

福岡市に「IoTホステル」がオープンしました!

福岡市内に、8月19日に「& AND HOSTEL」(アンドホステル)がオープン。
ここは11種のIoTデバイスを体験できる「日本初のスマートホステル」だそうです。

IoTとは「Internet of Thing」(モノのインターネット)の略。

「& AND HOSTEL」の場所は、中洲にある川端商店街のど真ん中。
キャナルシティ博多や天神にほど近く、博多祇園山笠の山笠が展示される昔ながらのアーケード街の中にあります。

ホステルは3階建て。
商店街に面した1階はダイニングカフェで、宿泊客でなくとも、誰でも利用できます。
客室は全11室、定員48人。
このうちIoTデバイスを備えた部屋はIoTキングルーム2室とIoTツインルーム2室の計4室で、ほかにスタンダードダブルルーム、2段ベッドが並ぶドミトリールームがあり、全室トイレとシャワーは共同だそうです。

IoTルームを予約すると、チェックイン時にフロントで渡されるのはルームキーやカードではなく、なんと部屋専用のスマートフォン。
メイン画面に6つのボタンがあり、これ1台で部屋のIoTデバイスをコントロールできるのがウリだとか。

IoTツインルームの1泊の値段は9500円。
ドアの前で「DOOR」ボタンを押すと、カギが解除され、カギの開閉と連動して、部屋のライトも自動で点灯・消灯。

「REMOCON」ボタンでは、テレビとエアコン、空気清浄機、照明のコントロールが可能。
照明は多様なカラーやリラックス、集中モードなどから選ぶことができます。

「ROOM SERVICE」では、タオルや歯ブラシなどルームサービスをボタンひとつで頼めるのに加えて、「BOCCOに聞く」を押して部屋のBOCCOに話しかけると、音声チャット形式で会話ができとか。

このほか、好きな音楽とアロマで心地よい眠りに誘う「NIGHT MODE」、設定した時間に音や光などで起こしてくれる「ARALM」、スマートアイグラスを使ったAR「福岡観光」体験を予約できる「SMART EYE GLASS」ボタンがついています。

このホステルではソニー、オムロン、フィリップス ライティング ジャパンなどの企業や九州大学、NPO法人と提携し、横断的なアプリを開発。

近未来のIoTを体験できる& AND HOSTEL、一度、泊まって体感してみたいですね。

1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ピックアップ!

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。