東京の秘境「青ヶ島」 絶景と数々の秘話!

東京の秘境「青ヶ島」 絶景と数々の秘話!

隠れた絶景スポット「青ヶ島」をご存知でしょうか? 
東京から358km南に位置する離島「青ヶ島」は人口わずか160人ほど。
なんと、東京にありながら日本一人口の少ない村です。

この島では、世界的に珍しい二重カルデラや、頭上一面に広がる星空を堪能することができます。
ただし、この絶景の島は上陸困難。
ヘリは1日1便9席のみで、予約を取るのも一苦労。
船も就航率が50%ほどだそう。
断崖絶壁に囲まれたこの島は、少しの高波でも着岸が不可に。
しかし、ひとたび辿りつきさえすれば、世界的に注目を集めている「絶景」がそこにはあるのです。

カルデラとは、地下のマグマが大量に流れ出した後、マグマがあった部分の空洞を埋めるために陥没した結果できる凹みのこと。
青ヶ島は約3000年前に大規模なマグマ水蒸気爆発が起こり、その後3000年をかけて今の状態になったそうです。

この珍しいカルデラは、島でもっとも高い「大凸部(オオトンブ)」と呼ばれる丘から、一望することができます。
青ヶ島は活火山を取り囲むようにできた島。
度重なる噴火で外側の山と内側の山(丸山)の間、そして丸山の内部に二重の凹みが形成されています。

島の最北端は、数頭の牛が飼われた牧場があるだけで、周囲には民家もなければ電灯もない道が続いています。
このエリアは街明かりがないために、星空がひときわ美しく見えます。

黒潮のまんなかに浮かぶこの不思議な「青ヶ島」には、多くの謎が隠されています。

まずこの島にはいつ人が住み始めたのか、はっきりとした歴史が未だにわかっていないということ。
1785年に起こった大噴火以来、約半世紀もの間「無人島」と化したということ。
そして男女が同じ島に住むと神の祟りがあると信じられた時代には女人禁制の島、「男ヶ島」と呼ばれていた(『徐福伝説』による)ということ……。

また島内には細かい住所がなく、島内全域が「〒100-1701東京都青ヶ島村無番地」。
郵便の配達などは名前のみで判断され届けられるのだそう。
ただし同じ苗字の方も多い為に、大体は下の名前で判断するといいます。
160人での暮らしでは住所さえも必要ないというのですから、驚かずにはいられません。

青ヶ島で製造された焼酎「青酎」。
サツマイモから作った青酎は度数が30度でありながら、まるでスイートポテトのような甘みのあるお酒です。
ほとんど本土に流通することがなく、伝説の焼酎と呼ばれています。

そして島には食堂はなく、居酒屋も2軒のみ。
その居酒屋で味わう島料理は、絶品です。
島で育てたあしたばを揚げた天ぷらや、砂糖でやや甘めにしたしゃりで握る島寿司などをつまみに一杯。
島民が集う居酒屋で、島の話を聞くのも楽しい時間です。

東京都に属していながら、日本一人口の少ない青ヶ島。
二重カルデラをはじめとする、息を飲むような壮大な自然の中で過ごす時間は、まさに「贅沢」。
確かにアクセスは難しいのですが、その分、無事たどり着いた時の感動はひとしおです。
昼は島の探索、夜は居酒屋で青酎と島グルメに舌鼓を打つ。
そんな贅沢な休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

リバイタス
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう